悪玉コレステロールの根絶法│ldlコレステロールを粉砕する術

食べる物に気をつけよう

『ldlコレステロール』を多く含む食べ物に気をつける

昔は「たまごにはコレステロールが大変多く含まれており、1日1個までが良い」というまことしやかな制限が存在しましたが、実は十分な科学的根拠はないらしいのです。日本では厚生労働省が1日の摂取量として設定していたコレステロール値を、2015年版(日本人の食事摂取基準)から取り込まないことを決めています。ですので、コレステロールが高い食べ物を過敏に避けるは必要ないのかもしれません。

しかしながらコレステロールを多く摂取するということは、やはりldlコレステロールが増える可能性が高い・・・ということには変わりないのではないでしょうか。

『ldlコレステロール』を多く含む食べ物ですが、以下のようなものが挙げられます。

・牛タン(仙台の牛タンは全国区で有名ですね)
・牛レバー(今では生で提供することが出来なくなっていますが、調理後レバーや焼きレバー等はもちろん健在)
・豚レバー(あまり摂取する機会はないかもしれませんが、牛レバーよりも少し高めのコレステロール値です)
・鶏レバー(焼肉屋さんではあまり無いと思いますが、焼き鳥屋さんでは多いですよね)
・あん肝(贅沢な食べ物です。コレステロールもプリン体も高いです)
・いくら(たまごですものね。やっぱり高いようです)
・かずのこ(上に同じ)
・たらこ(上に同じ)
・卵黄(ダントツでコレステロール値は高いです)
・シュークリーム(レバー系と同じくらいのコレステロール値です)
・ショートケーキ(シュークリームよりは低いみたいです)

などなど。

レバー系や、魚卵系、卵を使った加工品、それからホルモン系、動物性脂肪などに多く含まれているようです。これらの食べ物については摂取量には注意しましょう!

インターネットで「コレステロール」「高い」「食べ物」等で検索すると、他にもコレステロールを多く含む食べ物・食品が沢山出てきますので、コレステロールを下げたいのなら、まず敵を知ろう!